診療内容

ホーム > 診療内容 > インプラント > インプラント治療について
インプラント

インプラント治療について

インプラント

インプラント治療では、チタン製の人工歯根を顎の骨の中に埋入し、それを土台として歯冠をかぶせて新しい歯を作り出します。インプラントが顎の骨の中に直接結合しているため、天然歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しんだりすることができます。さらに見た目もきれいです。
また、当院ではノーベルバイオケア社のインプラントのみを使用しています。
ノーベルバイオケア社は、近代歯科インプラントを牽引してきた世界的企業であり、パイオニアでもあります。その中でも世界最多の臨床実績を誇り、1965年に患者様が最初に治療を受けたという歴史あるブローネ・マルクシステムを採用いたしました。これにより当院では安心して受けていただけるインプラント治療のご提供が可能になりました。

歯を一本だけ失った方へ…

失ってしまった天然歯およびその歯根の代わりをするのがインプラントです。先天的に歯の少ない方はもちろん、事故などで歯を一本だけ失った方は、従来の方法であるブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がありません。

症例1

術前

症例1

術後

症例2

術前

症例2

術後

症例3

術前

症例3

術後

歯を数本失った方へ…

歯周病や虫歯などが原因で、40歳くらいから歯は徐々に失われていきます。このような場合の最適な修復方法は、数本のインプラントを埋入することです。また、インプラントはブリッジや部分入れ歯などとは異なり、周囲の歯に支えてもらう必要はありません。

症例1

術前

症例1

術後

ノーベルガイドについて

NobelGuide(ノーベルガイド)

NobelGuide(ノーベルガイド)は、ノーベルバイオケア社がパイオニアとして開発した唯一のインプラント・シミュレーション・システムです。ノーベルガイドによるシミュレーションにより、治療計画から埋入までの一連のインプラント治療をより安全で正確に行うことが可能になりました。
まず患者様のCT データをもとにした三次元画像を見ながら、バーチャル・プランニングを行い、精密な治療計画を立てます。そして、そのプランニングデータをもとに非常に高精度なサージカルテンプレート(インプラントが埋入される位置を正確に示す型)を作製します。サージカルテンプレートとノーベルガイド専用外科キットは、低侵襲性のフラップレス術式を可能にし、高い安全性の実現だけでなく、痛みや腫れ、出血など患者様の負担を軽減します。
また、補綴物(インプラントの歯)の事前作製が可能なので、患者様はインプラントを埋入した日に新しい歯を手に入れることができます(ただし、手術当日に新しい歯が入らないケースもあります)。

インプラントQ&A

Q. 自分の歯のように噛めますか?また、違和感はありませんか?

A. 慣れるまでは多少違和を感じることもあります。しかし、その期間を過ぎると、天然歯に匹敵する機能を得ることができます。そのため以前のような食事(肉やたくあん、フランスパン、りんごなど)が可能になります。

Q. 自分の歯が一本も無くても、インプラントは可能ですか?

A. 全く歯の無い方でも、部分的にない方でもインプラントは可能です。事故などの理由により通常の治療が難しい場合でもインプラントは対応できます(全身疾患のあるかたはご相談ください)。

Q. インプラント治療を行う際、痛みはありますか?

A. 十分な局所麻酔下でインプラント手術を行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。

Q. 治療にはどれくらいの期間がかかりますか?

A. 手術自体は数十分で終わるので、入院する必要はありません。
しかし、経過観察のため術後は通常4~6ヶ月の通院が必要です。
ただし、治療期間は症状により異なります。

Q. 治療費は高いのでしょうか?

A. 治療費は症状や治療内容によって異なります。
健康保険が適用されないインプラント治療ですが、医療費控除の対象となる場合があります。そして、インプラントは適切なケアを行えば長期に渡り機能するため、一概に高いとは言い切れません。
また、当院ではクレジットカードを利用することができます。お気軽にご相談ください。

Q. アフターケアは面倒なのでしょうか?

A. 特別なアフターケアは必要ありません。歯磨きや定期的な検診だけで長期間使用でき、40年以上経過しても問題なく機能している実績もあります。