診療内容

ホーム > 診療内容 > 予防歯科
予防歯科

虫歯はなぜできるのか

虫歯はなぜできるのか

歯を磨いたのに虫歯になってしまう方もいれば、まったく磨いていないのに虫歯は1本もないという方もいます。これは生後10ヶ月~31ヶ月ほどの間にミュータンス菌(虫歯菌のひとつ)に感染したかどうかが原因です。母子感染が主で、保護者の口腔内に大量のミュータンス菌が存在していると、お子様により効率良く感染してしまいます。そういった時に糖分を多量に摂取してしまうと、菌はさらに増殖し、歯面に定着してしまいます。
また、一度口の中に大量に感染してしまうと、歯磨き程度では菌量を減らせません。ミュータンス菌の表面にある螺旋状の突起物が、歯の表面にねじ込むようにして張りついてしまうからです。また、ミュータンス菌などの細菌は集合体を作り、歯の表面に膜を形成します。これをバイオフィルムといいます。

虫歯予防のために

約90%以上の日本人が虫歯にかかっています。しかし、虫歯になるメカニズムを知ることで予防に努めることが可能です。
まず歯の表面についた歯垢(プラーク)に虫歯の原因となるミュータンス菌が棲みつくと、糖分を栄養にして酸を出します。
この酸が歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。これが虫歯のはじまりです。また、虫歯の再石灰化が不可能な状態にまで達すると、そのままにしていては元に戻りません。
歯を守るには、歯科治療でそれ以上進行しないようにするしかありません。

虫歯の4条件―虫歯になりやすい質の歯/歯垢をつくりやすい糖分/虫歯菌(ミュータンス菌)/時間の経過

虫歯の原因は明らかなため、これら4つの条件を解消することが虫歯予防につながります。そして、歯垢を毎日の正しい歯磨きで取り除いたうえで、セルフケアでは取りきれない部分を歯科医院で除去することも大切です。
また、患者様自身が毎日の生活のなかで虫歯の4条件を減らす努力をしていけば、虫歯になる可能性は減っていくでしょう。いつまでも健康な歯を守るためには、このように虫歯ができる原因を知ったうえで予防を心がけることはもちろん、患者様のすこしの努力が大切です。

PMTC

歯の隅々まで毎日磨いているつもりでも、歯ブラシが届きにくいため汚れが溜まりやすい所ができてしまいます。
そのうえバイオフィルムが形成されたり、歯石が付着したりしてしまうため、PMTC を行うことが必要になります。
PMTC とは、歯科衛生士が専用の器具や機材、薬剤を使用して行う歯石やバイオフィルムなどの除去および歯のクリーニングです。その効果には虫歯予防や歯周病の予防・改善があるだけでなく、歯の質の強化や歯の着色除去により光沢のあるきれいな歯を保つなどがあります。

実際にPMTCを行なった症例
PMTC の効果
  • バイオフィルム※(ミュータンス菌などの細菌の集合体が、歯の表面に形成した膜)の除去
  • 菌力を弱めるため、虫歯になりにくい口腔環境になります
  • 歯周病や歯肉炎の予防
  • 光沢のあるきれいな歯を保ちます
  • 口臭の予防

※バイオフィルムが形成されてしまうと、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達できず、十分な効果が期待できません。

PMTCの治療の流れ

(1) 治療計画
治療計画

歯の染めだし検査などを行い、お口の中を診査します。そして、現在のお口の状態をご説明したうえで今後の治療方針をお話しします。

(2) 歯石の除去

専用の器具を用い、細部に渡り歯石を除去します。

(3) 薬液での口腔内の洗口

(4) 着色の除去

歯の表面にあるヤニや茶渋などの着色除去に、ポリッシングブラシやカップ、歯間ブラシ、フロスなどを用います。
さらにきれいにしたい場合は、重炭酸ナトリウム塩を専用器具から吹き出し、細かい部分の着色を除去します。

(5) 薬液での口腔内の洗口

(6) 研磨

歯と歯の間や表面を専用のフッ素配合ジェルを使い、1本ずつ丁寧に磨きます。

(7) 歯肉マッサージ

やわらかいシリコーンカップと歯肉に作用する薬効成分入りジェルを使い、マッサージします。

(8) 薬液での口腔内の洗口

(9) フッ素塗布
フッ素塗布

仕上げとして口の中を洗い、歯質を強化するフッ素を塗布します。
さらに効き目を浸透させるためには、スポンジ状のマウスピースを使ってフッ素塗布を行います。

ホームケア

最後に、家庭での歯磨き指導や、今後の計画についてお話しします。

シーラント

奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法をシーラントといいます。
複雑な形をしている奥歯の溝に歯ブラシの毛先が入らないため、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことで、奥歯の溝にできる虫歯を防ぐことができます。